楽しい英語

There be動詞 〜記事一覧

there be動詞を分かり易く説明

There be動詞〜 「〜があります(います)」「〜がいる」「〜がある」のように、何かが存在することを伝える時は、There+ be動詞 + 主語 を使います。there は もともと、「そこに」という意味があります。イメージ的に「そこに〜いるんですよ」という初めて話題にのぼる事物を持ち込むものと...

≫続きを読む

there is 疑問文と否定文を分かり易く説明

他のbe動詞の否定文と同じカタチです。つまり、be動詞の後にnotを入れます。There be動詞+not 〜be動詞の形は、主語が単数か複数かによってis/are にします。There is not a girl in the yard. [庭に1人女の子がいない」There are not gi...

≫続きを読む

There was(were) 過去形を分かり易く説明

be動詞の文なので、be動詞を使うカタチと同様です。つめり時制はbe動詞を変化させてるので、be動詞を過去形にします。be動詞の形は、主語が単数の場合はwas,複数の場合はwereを使います。主語が単数 ⇒There was+主語〜主語が複数 ⇒There were+主語〜例文●There was ...

≫続きを読む

楽しい英語学習教材が毎週300円で届く!


HOME 英語と付き合う・勉強法 歌で学ぶ 簡単フレーズ 英単語 映画・TVで学ぶ 英文法