英文法

There be動詞〜 否定文

他のbe動詞の否定文と同じカタチです。

 

つまり、be動詞の後にnotを入れます

 

There be動詞+not 〜

 

be動詞の形は、主語が単数か複数かによってis/are にします。

 

There is not a girl in the yard.
[庭に1人女の子がいない」

 

There are not girls in the yard.
「庭に女の子たちがいない」

 

短縮形もあります。

There is not 〜 → There isn't

There are not〜 → There aren't

 

例文 

●There isn't a church in my town.「私の町に教会がない」

●There aren't many boys in my class.「私の学級に多くの男子はいない」

 

場所の位置を表す語(前置詞)も合わせて覚えましょう。

前置詞>>コチラ

その他の否定

not any〜 と no 〜 「1つも〜ない」

 

否定文にany を加えて、
There not any 〜. 「1つも〜ない」という意味になります。

 

同じように There are no 〜. も同じ場合に使います。

 

any/noのあとの名詞が数えられる名詞のときは、名詞を複数形にします。
数えられない名詞のときは単数形です。

 

例文 

●There are not any apples in the store. 「このお店にはリンゴが1つもない」

●There is not any water in the bottle. 「瓶の中には水が少しもない」

●There are no doctors in the village. 「村には1人も医者がいない」

●There is no money in my pocket. 「僕のポケットにはお金がない」

There be動詞〜 疑問文

be動詞の疑問文として扱いましょう。
つまりbe動詞が文頭にきます。

 

be動詞の形は、主語が単数か複数かによってis/are にします。

 

be動詞 there + 主語〜?

 

例文

Is there a bank around here?「この辺に銀行はありませんか」

Are there pens on the desk?「机の上にペンはありませんか」

 

答え方

Yes, there is(are) .

No, there is(are) not.

 

例文

 

Is there a gas station near here? 「近くにガソリンスタンドはありますか?」 

Yes, there is. 「はい、あります」

No, there isn’t.「いいえ、ありません」

 

Are there pencils in the box?「箱の中に鉛筆はありますか?」

Yes, there are.「はい、あります」

No, there aren't.「いいえ、ありません」

関連ページ

there is〜, there are 〜
「〜がいる」「〜がある」のように、何かが存在することを表す表現
過去形
be動詞の文なので、be動詞を使うカタチと同様です

HOME 英語と付き合う・勉強法 歌で学ぶ 簡単フレーズ 英単語 映画・TVで学ぶ 英文法