楽しい初心者英会話

愛の告白の日??

2月14日は女性が男性にチョコレートを渡して、愛の告白をするというロマンチックなイベントですね。

 

でも、それは日本独特のイベントです。

 

バレンタインデーはもともとキリスト教の祝日です。

 

バレンタインという名前はローマ帝国時代に実在したキリスト教司教のバレンティーノさんの名前が由来です。

 

当時ローマは愛する人を故郷に残すと、兵士の士気が下がるという理由で、兵士の結婚を禁止していました。

 

その状況を可哀そうと思ったバレンティーノは秘密で兵士を結婚させました。
結果、司教は捕らわれて、2月14日に処刑されたというわけです。

 

今では、バレンティーノは聖人として認められ、聖人の称号「セント」(Saint)を受け、
セント・バレンタイン」(St.Valentine)となりました。

 

 

次第にバレンタインは「恋人・好きな人・特別な人」という意味にもなりました。

 

つまり、バレンタインは「愛のために命を捧げた」純愛の象徴となり、今では大変ロマンチックなニュアンスを含んでいるんですね。

バレンタインで使う英語フレーズを紹介します>>コチラ

欧米でのバレンタイン

欧米でも宗教的な意味が薄れて、イベント・お祭りになっています。

 

 

この日は自分の感謝の気持ちや愛を伝える日になっていて、年齢、性別に関係なく、色んな人に積極的にカードやプレゼントを贈ります。

 

日本で女性から男性へ愛を告白するという習慣は、1950年代に日本にバレンタインがお菓子屋さんから紹介されて、日本独自のものになっています。

 

例えば、欧米では女子が男子にチョコレートを渡すと決まっておらず、どちらからでもチョコレートは送ります。

 

 

告白することも別に決まっていません。

欧米では、どちらかというと男の子がお花、甘いお菓子、カードを女の子に渡すということが多いです。

 

恋人同士でも、親子でも、友達でもやり取りをします。
自分の好きな人に気持ちを表すことが大事ですね。

 

 

義理チョコやホワイトデーはないですよ。

 

カードにはロマンチックなメッセージを書きます。

 

そのメッセージにはバレンタインの決まり文句もあります。

 

こちらもチエックしてみてください>>定番フレーズ
バレンタイン定番曲>>コチラ

関連ページ

バレンタイン 英語フレーズA決まり文句
バレンタインに気持ちを伝えるメッセージを紹介します
クリスマス英語@Xmasとは
クリスマスって本当はどんな意味があるか知っていますか?
XmasメッセージA
クリスマスの定番のフレーズ
XmasメッセージBその他
宗教を問わない挨拶のフレーズ
Xmas&新年のメッセージ
卒業式メッセージ
卒業はGraduation。欧米では盛大にお祝いします。

HOME 英語と付き合う・勉強法 歌で学ぶ 簡単フレーズ 英単語 映画・TVで学ぶ 英文法