英文法基礎

語順はとっても重要

英語を学ぶとき、言葉の配列の重要性を軽視しがちですが、これが分からないと、後が続きません。

 

「数学みたいな公式で英語じゃない!つまんない。」
 と思う人がいるかもしれません。

 

でも、
後からジワジワと文の構造の大切さがわかってきます。

 

 

先ず、日本文の構造をみてみましょう。
日本語はあまり語順にこだわらなくてもいい言語なんです。

太郎は花子に花束をあげた。」

「花子に花束を太郎はあげた。」

花束を太郎は花子にあげた。」

 

以上の3つの文は全て同じ内容。

 

 

一方、英語で見てみましょう。

 

「太郎は英語を話します。」 の内容を英語にすると

 

● ”Taro speaks English.” になりますが、

 

● ”English speaks Taro.”  または

 

●”Speaks English Taro.”  と、語順を変えると意味が全く通じません。

 

 

英語は語順どおりに語を並べないと、意味が分からないものになります。

 

ということは、この語順のパターンをしっかりと理解する必要があります。

 

文型は5つのパターン

さて、その英語の文章の形には大きく分けてパターンあります。 

 

(たったの5パターンですよ、超楽ちん)

 

これを5文型といいます。

第一文型 主語+動詞

第二文型 主語+動詞+補語

第三文型 主語+動詞+目的語

第四文型 主語+動詞+目的語+目的語

第五文型 主語+動詞+目的語+補語

 

文型を見て、何か気づきますか?

 

 

赤い文字の「主語 + 動詞」の位置は全ての文型に共通します。

 

英語の性格を知って仲良くなるで詳しく説明していますが、
英語で最も重要なのは 個人(自分)なのです。

 

 

つまり、文の頭に主語が置かれます。

 

 

私たちが使う日本語は、よく主語を省略するので、英語でもうっかり主語を言わないで話す時もありますね。
でも、基本的に英語の場合は主語を省略してはいけません。(別の意味になることがあります)

あと、もう一つの英語特徴にハッキリ言うというものがあります。

 

 

文の初めの方で「好き」・「思う」・「感じる」等、行動を明確にします。

 

逆に日本語は、文を最後まで聞かないと「行動」が読み取れません。

 

例文: 私たちは明日東京へ行く

 

「個人」「行動をはっきりさせる」という英語の特徴が

主語+動詞という形を作ります。

 

 

語順の基本パターンは5つしかありません。

このパターンを覚えて、英単語を適所に入れれば 意味が通じます!

楽しい英語教材が毎週300円で届く!

関連ページ

第一文型
英語の基本中の基本の 主語+動詞のカタチ
第二文型
文の構造を理解すると、「英語って簡単・単純!」と感じます。
第三文型 
英語で最もよく使われる文型です。主語+動詞+目的語のカタチ
第四文型
第四文型は「あげる・くれる」の意味があります。
第五文型
第五文型:主語+動詞+目的語+補語
様子・場所・時の位置
「いつ」「どこで」「どのように」といった情報を加える場合の文中での語句の並べ方を覚えましょう。

HOME 英語と付き合う・勉強法 歌で学ぶ 簡単フレーズ 英単語 映画・TVで学ぶ 英文法