英文法の基礎

感嘆文で驚きを表現する

驚きを表すときや強い感情を表すときに感嘆文を使います。

 

「なんと〜なのでしょう」という場合、How〜!と What〜!の感嘆文のカタチがあります。

How〜!の感嘆文

How のあとには形容詞か副詞がきます。
感嘆文の終わりは!(感嘆符)を付けます。

 

How +形容詞/副詞+主語+動詞 !
意味「なんて〜なのでしょう」

 

例文 ♪をクリックすると、発音が聞けます。使い方はコチラ

How cute the baby is! 
How funny you are! 
How exciting the game is! 

なんてかわいい赤ちゃんでしょう。
なんてあなたは面白いのでしょう。
なんておもしろい試合でしょう。


What 〜!の感嘆文

強調する形容詞に名詞がつく場合はwhatで始まる文をつくります。
感嘆文の終わりは!(感嘆符)を付けます。

 

What a/an +形容詞+名詞+主語+動詞 !
意味「なんて〜なんでしょう」

 

例文 ♪をクリックすると、発音が聞けます。使い方はコチラ

What a good girl she is! 
What a tasty cake it is! 
What a big house you have! 

なんて彼女はいい子なのでしょう。
なんて美味しいケーキなのでしょう。
なんて大きい家をあなたは持っているのでしょう。


主語と動詞を省略するカタチ

会話では、言わなくても伝えたいことが分かる場合は、主語+動詞を省略する場合が多いです。

 

How small this cat is! → How small!

 

What beautiful flowers she has! → What beautiful flowers!

 

例文

How cute!
How exciting!
What a good girl!
What a big house!

なんてかわいいんでしょう。
なんておもしろいのでしょう。
なんていい子なんでしょう。
なんて大きい家でしょう。


 

ルイアームストロングの歌で「What a Wonderful World」という有名な曲があります。

 

一度はどこかで聞いたことがある歌です。

 

題名が感嘆文ですね。
「なんてすばらしい世界なんだ」です。
歌詞の中にも何度も出てくるフレーズです。

 

感情を込めて歌ってみてはいかがでしょうか。 曲の紹介はコチラ

関連ページ

文の構造&5文型
疑問詞を使う疑問文
「だれが」「いつ」「何を」「どこで」「なぜ」 等の内容を尋ねる疑問文を学びましょう。 まず 主な疑問詞を覚えましょう。
命令文
「〜しろ」とか「〜して下さい」などの意味をもつ文を命令文といいます。
Let's
Let’s 〜. は 「〜しよう」「〜しましょう」という誘いや提案を表します。

HOME 英語と付き合う・勉強法 歌で学ぶ 簡単フレーズ 英単語 映画・TVで学ぶ 英文法