英語の基礎

命令文とは

「〜しろ」とか「〜して下さい」などの意味をもつ文を命令文といいます。

 

「〜しなさい」 

 

動詞の原形〜

 

命令は動詞の原型で文を始めます。主語はありません。

 

Shut the door. 「ドアを閉めなさい」

 

Be quite. 「静かにして」

 

「〜するな」 禁止

 

禁止を表す時は Don’t+動詞の原形〜で文を始めます。

 

be動詞の場合にも、同様にDon’t be〜 とします。

 

Don’t ask me a question.「私に質問しないで」

 

Don’t be late again.「もう遅刻するなよ」

 

 

please を使った命令文

 

命令文にPleaseを加えるとやや丁寧な口調になります。

 

Please sit down. / Sit down, please.

「座ってください。」

 

pleaseは文頭でも、文尾でもどちらに置いてもいいです。

 

例文

●Read books. 「本を読みなさい」

●Please wash your hands. 「手を洗ってください」

●Be kind to old people. 「お年寄りに親切にしなさい」

●Be careful. 「気をつけてね」

●Don’t worry. Be happy. 「心配するな。楽しく行こう」

●Don’t park your car here. 「ここに車を止めてはいけません」

●Don’t be afraid. 「怖がらないで」

歌で命令文のカタチを覚えよう!

有名な米国の歌で”You are my sunshine"という曲があります。

 

曲サビの部分は特に有名で、"Please don't take my sunshine away"という歌詞があります。
禁止をあらわして、please をつけているので丁寧な口調になっています。
「僕の太陽を奪わないでおくれ」といった意味になります。

 

一度はどこかで聞いたことがあるかもしれませんよ。
是非、歌の中で、この文法を覚えてみてください。 "You are my sunshine"

語句

 

shut:(動)閉める, quite:(形)静か, late:(形)遅い ,kind:(形)親切な, careful:(形)注意深い, worry:(動)心配する, park:(動)駐車する,  afraid:(形)怖い,

楽しい英語学習教材が毎週300円で届く!

関連ページ

文の構造&5文型
疑問詞を使う疑問文
「だれが」「いつ」「何を」「どこで」「なぜ」 等の内容を尋ねる疑問文を学びましょう。 まず 主な疑問詞を覚えましょう。
Let's
Let’s 〜. は 「〜しよう」「〜しましょう」という誘いや提案を表します。
感嘆文
驚きを表すときや強い感情を表すときに感嘆文を使います。

HOME 英語と付き合う・勉強法 歌で学ぶ 簡単フレーズ 英単語 映画・TVで学ぶ 英文法