楽しい初心者英会話

someの意味と使い方

someは、ばくぜんとあるか・ないかを表すコトバです。

 

多いか少ないかなどの数量を表すことは関係ないんです。  

 

 

因みに、someとanyは形容詞です。

形容詞は名詞を説明する働きがあるので、もちろん、数量を表すこともできます。

 

some

意味:「いくつかの」「いくらかの」

発音:「サム」

 

someは英文や英会話でよく使われます。

 

数えられる名詞でも、数えられない名詞でも使います。
ただし、数えられる名詞には複数形にします。

 

*数えれる名詞: some books「何冊かの本」

 

*数えられない名詞: some money「いくらかのお金」

anyの意味と使い方

否定文疑問文ではsomeではなくanyを使います。

 

any

意味:否定文「1つも」、疑問文「1つでも」

発音:「エニィ」

 

someと同様に数えられる名詞の前でも、数えられない名詞の前でも使えます。

ただし、anyのあとに数えられる名詞がくる場合はふつう複数形にします。

 

例文

●I have some friends in America. 「米国に何人か友達がいます」

 

●I don’t have any friends in America.「米国に一人も友達がいません」

 

●Do you have any friends in America?「米国に一人でも友達がいますか」

関連ページ

形容詞
名詞の性質や状態などを説明する語は形容詞といいます。

HOME 英語と付き合う・勉強法 歌で学ぶ 簡単フレーズ 英単語 映画・TVで学ぶ 英文法