歌で英語を楽しく学ぶ

アメリカの民謡的存在

日本ではケンタッキーフライドチキンのCMでお馴染みの曲ですね。

 

アメリカの作曲家のフォスターの代表曲です。

 

フォスターは北部の街ピッツバークに生まれました。時代背景に、黒人奴隷制度がまだ残っているので、彼の作品には黒人の生活を基盤とした名曲が多いです。

 

和声、楽曲構成などの素朴さ、メロディーの親しみやすさから、アメリカ民謡的存在です。

 

歌詞にはdarkies(黒人)等の黒人を表す言い表わしがあるので、現在はその言葉を避けて歌詞が変っている場合で歌われることがあります。
1986年にアメリカケンタッキー州の州歌となっています。

 

My Old Kentucky Home 英語歌詞

The sun shines bright in the old Kentucky home.

Tis summer, the dirkies are gay.

The corn-top's ripe and the meadow's in the bloom.

While the birds make music all the day.


 

The young folks roll on the little cabin floor.

All merry, all happy and bright.

By'n by hard times comes a knocking at the door.

Then my old Kentucky home, Good-night.


 


Weep no more my lady. Oh! Weep no more today.

We will sing one song for my old Kentucky home.

For the old Kentucky home, far away.★


 

They hunt no more for the possum and the coon.

On the meadow, the hill and the shore.

They sing no more by the glimmer of the moon.

On the bench by the old cabin door.


 

The day goes by like a shadow o'er the heart.

With sorrow, where all was delight.

The time has come when the darkies have to part.

Then my old Kentucky home, good night.


 

Repeat ★


 

The head must bow and the back will have to bend.

Wherever the darkey may go.

A few more days, and the trouble all will end.

In the field where the sugarcanes grow.


 

A few more days for to tote the weary load.

No matter, 'twill never be light.

A few more days till we totter on the road.

Then my old Kentucky home good night.


 

Repeat ★

懐かしきケンタッキーの我が家 日本語訳

太陽が明るく輝く、懐かしきケンタッキーの我が家で。

今年の夏は黒人たちは楽しそうにしている。

とうもろこしの先は熟し、牧場は茂っている。

鳥たちは一日中音楽を奏でている。


 

若者たちは小さな小屋を走り回り、

みんな陽気で幸せそうで明るくしている。

苦しい時がドアを叩いている。

そして、懐かしきケンタッキーの我が家よ、おやすみ。


 


もう泣かないで、お嬢さん。Oh! 今日はもう泣かないでおくれ。

私たちは歌う、懐かしきケッタッキーの我が家に向けて。

懐かしいケンタッキーの我が家に向けて、はるかかなた。★


 

彼らはオポッサムとアライグマをもう狩らない。

牧場に、丘、海岸に。

彼らは月のかすかな光の中でもう歌わない。

古い小屋の戸のそばのベンチでは。


 

日は過ぎゆく、悲しみが心に落ちる影のように。

全て楽しかった日々。

黒人たちは別れる時が来た。

そして、懐かしきケンタッキーの我が家よ、おやすみ。


 

★繰り返し


 

(黒人たちの)頭は下げ、腰を低くしなければならない。

黒人は何処へ行くにも。

数日で、つらい日々は終わる。

サトウキビが育つ畑で。


 

うんざりする荷を運ぶ日々はあと数日だ。

何をしても、荷は決して軽くはならない。

私たちが道でよろめく日もあと数日だ。

そして、懐かしきケンタッキーの我が家よ、おやすみ。


 

★繰り返し
※この和訳は管理人が文法を正確に日本語に訳した、管理人独自の和訳です。 歌詞カード等に掲載されている訳とは異なる事、予めご了承ください。

語句

old: 懐かしい、bright: tis:it isの短縮形, darkies:黒人たち、 ripe:熟した、 meadow:牧場、 bloom:茂った、 falk: 人々、roll:走る、 merry: 陽気な、weep:泣く、 far away:遠く、 hunt: 狩る、possum:オポッサム、 coon: アライグマ、shore:岸辺、 glimmer:かすかに光る、 o'er:over 、part:別れる、bow:頭を下げる、 bend:曲げる、 sugarcane:サトウキビ、 tote :運ぶ、weary:うんざりする、 load:荷物、no matter:どうしても〜ない、 light :軽い、totter:よろめく、

 

関連ページ

YMCA
日本で西城秀樹がカバーしたノリノリの歌です。
バケーション
1962年にアメリカでヒットした曲です。当時日本語のカバーも大ヒットして、未だに夏休みが近づくと何処かで流れる曲。
The lion sleeps tonight
1961年にトーケンズがカバーして大ヒットになった曲です。最近ではライオンキングの挿入歌としても知られています。
Take Me Out to the Ball Game
1908年に作曲され、それ以来 野球ファンにはお馴染みの歌です。どこかでサビの部分は聞いたことがありますよ。
アイラブ ロッケンロール
I Love Rock 'n' Rollは1975年にアローズ(Arrows)によって初めてリリースされました。

HOME 英語と付き合う・勉強法 歌で学ぶ 簡単フレーズ 英単語 映画・TVで学ぶ 英文法