歌で英語を楽しく学ぶ

マイケルの代表曲

マイケルジャクソン自身が作詞作曲した曲です。

 

1991年リリースのデンジェラス(Dangerous)に収録されています。
彼のメッセージが沢山入った作品が集まったアルバムです。この曲は彼人身が非常に好きな曲でもありました。

 

マイケルは子供たちの幸せと救済を願い、「ヒール・ザ・ワールド基金」(1992-2002)を設立しています。

Heal the World 英語歌詞

 

ヒール ザ ワールド 日本語歌詞

君の心の中にある場所があって、

それが愛だって僕は知ってるよ。

そして、この場所は明日より

とっても明るい場所かもしれないね。

そして、君が本当にやってみれば、

泣く必要なものはないって分かるよ。

この場所では君は感じるだろう、

痛みや悲しみはないということを。


 

そこへ行く道はあるよ、

もし君が生命に十分に関心を持つならね。

少し場所をつくろうよ。

よりよい場所をつくろう。


 

★世界を癒そう。

世界を君と僕の為によりよい所にしよう、

そして、全人類の為に。

死んでゆく人たちがいるのが分かるよ、

もし生命に十分の関心を持っているなら。

よりよい所を作ろう 君と僕の為に★


 

もし君が知りたいのなら、

嘘をつかない愛がなぜあることを。

愛は強いからなんだよ。

愛は喜んで与えることだけに関心があるんだ。

もし努力すれば、この至福の中に私たちは見いだせるだろう、

私たちが恐れや、恐怖を感じないことを。

私たちはただ存在することを止めて生き始めよう。


 

そうすれば、私たちが成長するのに

常に十分なことを感じるよ。

よりよい世界を作ろう

よりよい世界を作ろう…


 

★くり返し


 

そして私たちが想像した夢が

喜んでいる顔を見せるだろう。

そして私たちが信じている世界も

再び優雅に輝き出すだろう。

なぜ私たちは生活を抑え付け、

地球を傷つけ、魂を苦しめるのだろう?
この世界は素晴らしいことがはっきりと分かるのに。

神の輝く光になろう!


 

僕たちはとても高くまでとべるんだ。

魂が決して死ぬことがないようにしよう。

僕の心の中では皆が全員兄弟だって感じてる。

恐れのない世界を創ろうよ。

一緒に僕たちは喜びの涙を流すんだ。

国々が剣を鍬に変えるところを見よう。


 

僕たちはそこへたどり着けるよ

もし生命に十分に関心があるなら。

少しの場所を作ろうよ。

良い所を作るために。


 

★繰り返し x3

 

※この和訳は管理人が文法を正確に日本語に訳した、管理人独自の和訳です。 歌詞カード等に掲載されている訳とは異なる事、予めご了承ください。

語句

 

heal:癒す  brighterもっと明るい: hurt:傷つける sorrow:悲しみ living:生命  entire:全体  human race:人類 lie:嘘  care:関心を持つ   joyful:喜びの  giving:与える  bliss:慈愛  fear:恐怖  dread:恐れ  exist:存在する  conceive:想像する  reveal:明らかにする  grace:優雅 strangle:絞め殺す/窒息させる wound:傷つける crucify:十字架にはりつけにする/虐待する thought:けれども plain:はっきりと glow:輝く光  sprit:精神/魂  nation:国

 

Sward to plowshare: 剣を鍬(すき)に⇒聖書の言葉で「戦争ではなく平和を創ろう」という意味です。
Swardは「剣」で戦争に使う武器ですが、plowshareは「すきの刃」は農業で畑を耕す時のクワの刃です。
刃は人を傷つける為に使うのでなく生きる為に食べる食料を作るために使おうという意味になります。

関連ページ

We are the world
作詞作曲はマイケル・ジャクソンとライオネル・リッチー。当時アフリカ貧困層の人々の為のチャリティーソング。

HOME 英語と付き合う・勉強法 歌で学ぶ 簡単フレーズ 英単語 映画・TVで学ぶ 英文法