歌で英語を楽しく学ぶ

「故郷に帰りたい」 ノスタルジーの歌

ジブリ映画『耳をすませば』の挿入歌で有名な歌です。

 

多くの歌手によってカバーされていますが、もともとは1971年にジョン・デンバー(John Denver)によって歌われたもので、題名は『Take Me Home, Country Roads』です。

 

日本語版も原曲も望郷をテーマとするところは共通していますが、歌詞の大半の意味は全く違います。

 

ウエストバージニアは米国の東海岸の中央に位置していて、美しい自然で有名です。
興味深いことに、この英語の歌詞を書いた作者は、ウエストバージニアで育ったわけではなく、実は当時行ったこともなかった場所を想像で書いたそうです。

Take Me Home, Country Roads 英語歌詞

歌詞の全文は、コチラ をご覧ください。

カントリーロード 日本語訳

天国のようなところさ、ウエストバージニアは

ブルーリッジ山脈、シェナンドー川

そこでの暮らしは木々よりも古く

山より若く、そよ風のように時は流れる

 

★カントリーロード(故郷へと続く道よ)私を故郷へ連れて行って

私の居るべき場所へ

ウエストバージニアの母なる山へ

私を連れて行っておくれ、カントリーロード★


 

思い出は彼女(ウエストバージニア)のことばかり

炭鉱夫の妻(ウエストバージニア)は海を知らない

暗くて灰にまみれるて空にそびえる

ムーンシャイン(密造酒)のおぼろげな味(を思い出すと)

涙が目ににじむ


 

★繰り返し


 

彼女の声が聞こえる。朝、彼女が私に呼びかける

そのラジオの声で遠い故郷の家を思い出す

車を走らせながら思う

昨日でも、もっと早く帰るべきだったと

 

カントリーロード、私を故郷へ連れて行って

私の居るべき場所へ

ウエスト バージニアの母なる山へ

私を連れて行っておくれ、カントリーロード

私を連れて行っておくれ、カントリーロード

私を連れて行っておくれ、カントリーロード

語句

Take:連れて行く、 almost:ほとんど、 breeze:そよ風、 belong:属する、 memories:思い出(複数形)、 gather:集める、 miner:炭鉱夫、 dark:暗く、 dusty:埃っぽい、 paint:描く、 misty:おぼろげな、 moonshine:密造酒、 teardrop:涙、 remind A of B: Aに Bを思い出させる、 far away:遠く、 should have:〜するべきだった

 

※この和訳は管理人が文法を正確に日本語に訳した、管理人独自の和訳です。 歌詞カード等に掲載されている訳とは異なる事、予めご了承ください。

 

映画音楽特集>>コチラ

 

関連ページ

See You Again ワイルドスピード
「ワイルド スピード SKY MISSION」の挿入歌「See You Again」です。
タッチ オブ アイス アナ雪2
アナと雪続編「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」注目の新曲「タッチ オブ アイス」を紹介します。
Happy 
ファレル・ウイリアムス(Pharrel Williams) の Happyです。同じフレーズを繰り返すので、覚えやすく、何より楽しい歌です。
This is Halloween
The Nightmare Before Christmas(ナイトメアー・ビフォア・クリスマス)の挿入歌This is Halloweenです
ローズ(The Rose)
1979年にベット・ミドラーが主演した「ローズ」の主題歌です。
アニー Tomorrow
トゥモロー(Tomorrow)は、劇中で主人公アニーが歌う最も有名な歌です。
オーバー・ザ・レインボウ
アメリカの1939年ミュージカル映画の『オズの魔法使』でジュディ・ガーランドが歌った劇中歌です。

HOME 英語と付き合う・勉強法 歌で学ぶ 簡単フレーズ 英単語 映画・TVで学ぶ 英文法