楽しく英語を身につける

SMOKING PROHIBITED BY LAW

smoking prohibited

 

タバコに禁止の赤の線がかかっているところを見ると、英語を読めなくても「禁煙」のサインだと分かってしまいます。

 

英語でもきちんと意味が書いてあるので、英語の方でも理解していきたいものです。

 

Smoking (is) prohibited by law「喫煙は法律で禁止されています」という意味になります。

 

詳しく説明です

@Smokingは「喫煙」

 

Aprohibited は「禁止されている」 be動詞+過去分詞で「~される」と受け身を表します。正しい文法は「is prohibited」ですが、標識の場合はbe動詞の部分は省略されます。
Prohibite は「禁止する」という動詞になりますから、「される」という受け身の意味を合わせて、「禁止されている」です。

 

Bby は「~によって」、lawは「法律」という意味ですから、by lawでは「法律によって」という意味です。

 

Smoking (is) prohibited   by law
@喫煙  A禁止されている  B法律によって

 

 

簡潔にBの部分を省略したものもあります。
no smoking

 

Smoking prohibited  「喫煙は禁止(されている)」

 

このほかに No Smoking も同じ意味になります。

 

世界の主流は禁煙

アメリカで1970年代から広がり始めた禁煙ですが、いまでは世界的に禁煙法が広まっている傾向です。

 

法律で禁止されている場合は、罰金などが科せられるので、旅行者でも容赦なく罰金を払わなくてはいけません。

 

 

タバコを吸う人は「住みにくい世の中になった~」と口ぐちに言っていますね。

関連ページ

空港での標識
英語は今や国際共通語です。世界各地にある標識は英語はわかり易くシンプルな言葉で書かれているのが基本ですから、それらの標識から英語を学ぶこともできます。
飛行機内での標識
英語は今や国際共通語です。世界各地にある標識は英語はわかり易くシンプルな言葉で書かれているのが基本ですから、それらの標識から英語を学ぶこともできます。
故障中のサイン
よく外国で見る標識です。
和式トイレの英語説明
和式トイレの使い方を英語で表記してあったので、じっくりと見てみましょう・・・

HOME 英語と付き合う・勉強法 歌で学ぶ 簡単フレーズ 英単語 映画・TVで学ぶ 英文法