楽しい初心者英会話

at,on,in

英語で時を表すときには前置詞+時となる場合と前置詞が必要ない場合があります。

 

at,in,on等の、どの前置詞を置くかは、時によって違うので覚える必要があります。
覚えやすいように、それぞれの単語の持つイメージを一緒にインプットすると簡単です。

 

at+時刻・時 「〜に」

 

on+日付・曜日 「〜に」

 

in+月・季節・年・午前/午後 「〜に」

 

〜単語のイメージ〜

 

● atは「時間上の一点」
● inは「広がりのある時間の中」
● onは「特定のものに接触」

 

語句のイメージは場所を表す前置詞と共通です。

 

さて、例をあげながら説明していきます。

at 時刻や時の一点を表す

at 9:45(9時45分に),  at noon(正午に)

 

in 月・季節・年・午前/午後

in 2017(2017に), in summer(夏に), in May(五月に), in the morning(朝に), in the afternoon(午後に)

 

on 日・曜日・特定な日の午前/午後

on July 1(7月1日に), on Monday(月曜日に), on Sunday morning(日曜の朝に)

前置詞を使わない場合

時間を表す語句にthis/last/next/every/tomorrow/yesterday等がついているときはat/on/inは不要です。

 

●I called him last week.「先週私は彼に電話した」

 

●Tom will go to Hawaii next May. 「来年の5月にハワイに行くつもりだ」

関連ページ

場所を表す語句
場所を表す時によく使われる語句(前置詞)
時を表す前置詞A期間
英語はあなたを世界に連れ出して、色んな経験をさせてくれる、最強のツールです。

HOME 英語と付き合う・勉強法 歌で学ぶ 簡単フレーズ 英単語 映画・TVで学ぶ 英文法